HABITA200北国住研の超長期住宅[HABITA HOKKOKU]

HOME>デザイン設計

デザイン設計に関する
3つの概念

【今様の家】imayou:

●モダンスタイル:在来工法
  ライフスタイルにあった洋風スタイルを基本に、侘び寂をモダンに組み合わせるなど、遊び感覚も随所に加え、洗練されたモダンデザインを実現します。  200年住宅のHABITA仕様にもでき、特徴である「現し」や「大断面構造」とのマッチングを考えた設計が可能です。

【和力の家】Wadikara:

●数寄屋スタイル:在来工法
   日本の伝統的な作法や風流の文化の中で培われてきた日本建築の美意識を、我がままなゆとりとして生活スペースに活かします。所々に現代の解釈や用の美を加えた意匠をデザイン設計します。
  200年住宅のHABITA仕様にもでき、「現し」や「大断面構造」など、その特徴との相性が抜群です。

【可変の家】Kahen:

●HABITAスタイル:大断面木工法
   連綿と続く家族の歴史や記憶を、確かに受け継いでいくのがHABITAです。可変の家は、施主様とご家族の希望を間面プランに盛り込み、北国住研がHABITA仕様にして企画設計を行う家づくりです。和洋を問わず、太い柱や梁をダイナミックに現すデザインが大きな特徴です。  HABITAを体現したモデルタイプには、「出居民家」、「岩瀬牧場」、「SORA・MADO」があります。広さや間取りの異なるバリエーションが可能であり、地産地消に基づく積層材で北国住研が施工します。

ハビタのデザイン概念イメージ画像
子から孫へ、孫からひ孫へ、そして遠い未来の子供たちへ。幾代もの家族を見守りながらハビタの家は永く在り続けます。