HABITA200北国住研の超長期住宅[HABITA HOKKOKU]

HOME>HABITAの優れた特性

ハビタの優れた特性

京都・桂離宮外観写真

京都・桂離宮内装写真 法隆寺の伽藍に正倉院宝物殿など、日本が世界に誇る木造建築物は、1000年以上も朽ちることなく生き続けています。こうした先人の知恵を活かし、風土に合った構造を持つ「HABITA」は、築100年目以降の再生が可能な家をめざしたものです。その特性は耐久や耐震、省エネにも優れており、2006年6月に制定された「住生活基本法」に沿い、「超長期住宅 推進の先導的モデルとして、厳しい審査を経て国に認定されました。

子から孫へ、孫からひ孫へ、そして遠い未来の子供たちへ。幾代もの家族を見守りながらハビタの家は永く在り続けます。